キャンプグッズマガジン
ブログ

Camp Goods Magazineの焚き火と薪ストーブ特集を読んでたら腹がたってきた

ことのあらまし

自作の焚き火台をつめていくのにあたって、何か参考になる資料がないかと思って探したのがこちらのCamp Goods Magazineの焚き火と薪ストーブ特集号。表紙からしてもいい感じ。これは期待。と思っていたら焚き火台全然載ってねえ!というがっかり感。

だんだんと腹が立ってきたので、なぜこんなに納得がいっていないのかということを掘り下げていこうと思った次第です。

 

腹がたった原因:雑誌の構成

雑誌全体の構成は以下の通りでした。

  • 焚き火ギアメーカー(ANACAM)の紹介と代表の人のキャンプサイトの様子:4見開き
  • 焚き火ギアメーカー(llama)の紹介と代表の人のキャンプサイトの様子:4見開き
  • 焚き火道具カタログ:1見開き
  • 薪ストーブカタログ:4見開き
  • 焚き火で使えるテントタープカタログ:5見開き
  • ブッシュクラフトの焚き火:3見開き
  • キャンプ飯:4見開き
  • ショップ別グッズカタログ:6見開き
  • 温泉付きキャンプ場ガイド:21見開き
  • バイク旅行記的なもの:3見開き
  • コールマンミュージアム:1見開き
  • 灯油火器の扱い方:1見開き

なぜ、焚き火と薪ストーブ特集なのに焚き火グッズが1見開き?

ホワイジャパニーズピーポー!?

なんでキャンプグッズマガジンと名乗りながら、そして焚き火と薪ストーブ特集号なのに、焚き火グッズが全然載ってないの?!?テントタープは2見開きでよくない?薪ストーブよりテントタープが多いってどういうこと?

テントにただのポリコットンテント入れてあるってどういうこと?せめて煙突ポートのあるテントとかじゃない?

と色々気になってきてしまうのでした。

 

つまり自分の期待していた情報と提供された情報のミスマッチにイライラしてしまったというわけです。

多分制作側としては焚き火グッズメーカーの人の特集(8見開き)も焚き火グッズの計算に入っているんだと思いますが、読み手の自分としては、グッズマガジンというからには一つのメーカーに絞らない一覧ページみたいなのがたくさんあることを期待してしまっていたのです。

 

ネットでキャンプ雑誌を買うのも良し悪し

ネットで買うと中身を見られないので自分のみたい情報が載っているのかがわからないんですよね。

表紙に温泉付きキャンプ場ガイド、という文字はありましたが21見開きもあるとは思いませんでした。

雑誌は表紙だけで決めず、よく調べるとか立ち読みして決めた方がいいな、と思ったのでありました。

 

焚き火台超特集ムック読みたい・・焚き火台の写真も正面からだけではなくそれぞれ収納時の写真、上から、正面からとか、使用後の写真も見たいんですよね。どこか作ってくれないかな・・

 

created by Rinker
徳間書店
¥1,899 (2020/11/16 15:38:48時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

焚火料理に特化した焚火台を発売中!



X字のダブル五徳で焚火料理が楽しめる焚火台「焚火コンロXX」発売中です。

カテゴリリンク


このカテゴリの最近の投稿

現在の人気記事

アルペンアウトドアーズ

アルペンアウトドアーズ春日井がすごい!キャンプ用品の品揃えがすごい!

Amazon、楽天で買ってよかったキャンプ道具!

キャンパーズコレクション ドームテント

キャンパーズコレクション プロモキャノピーテント5はコスパ良し

DDタープ張り方

DDタープ超楽しい!XLの張り方集

日影沢キャンプ場キャンプサイト

東京高尾の無料キャンプ場「日影沢キャンプ場」がとてもよかった