DDタープ張り方

★★★★★

DDタープXL超楽しくてヤバい

ループがあちこちにあるスクエアタープ、DDタープ

いろいろな張り方ができるという噂のDDタープを購入しました。

DDタープには至る所にループがあり、そのループをつかって張り方を工夫できるというのが特徴。

 DDタープループ

DDタープXLのループはこんな配置です。

 

DDタープのサイズ・カラー

DDタープには様々なサイズがあります。

  • 1.5m×2.8m(450g)
  • 2.5m×3.5m(810g)
  • 3m×3m(1.04 Kg)
  • 3.5×3.5(1.05kg)
  • 4m×4m(1.61 Kg)
  • 4.5m×3m(1.41 Kg)
  • 5m×5m(1.9kg)

3m×3mにはハトメがついてループも多いPROバージョンもあるようです。

ループだけだとポールを使うのが難しいこともあるのでハトメ付きはいいですね。

1.5m×2.7mもしくは2.9m×3mのライトバージョンもあります。

 

種類ありすぎですね!

どれにするかは超悩むところですが、自分はXL(4.5m×3m)にしました。

正方形も人気のようです。正方形だとステルス張りというのができるとのこと。

 

カラーは緑、茶色の他カモ柄があります。これも悩む。自分は茶色にしました。(テントが緑、青なので合う色を、という考えです)

 

DDタープXLを張ってきた

DDタープ張り方

ちょっとしたシェルターのような感じに張ってみました。

DDタープ張り方

正面からはこんな感じ。

横幅が広いので複数人で中に入れそうな広さです。

ポールはロゴスの長さが調整できるポールを使いました。

(ポールはまた別でレビューします)

DDタープ張り方

後ろは樹に結んでいます。

DDタープ張り方

河原で石だらけでペグうちが出来ないところがあったので石にロープを巻きました。

ペグの代わりの石

張り方を図にするとこんな感じ。

図で見るとめんどくさそうですが実際は簡単です。

DDタープ張り方

DDタープ木漏れ日

タープ越しの木漏れ日がきれい。

DDタープ内側

内側はこんな感じ。もっと平らなところで張って中にマット敷いて昼寝したい。

 

DDタープXLの張り方:スクエア型シェルター

DDタープの張り方

こんな張り方もしてみました。

DDタープ張り方

コットを中において、蚊帳を使って寝てみました。

DDタープ張り方

DDタープ張り方

DDタープ張り方図

わかりづらいですが図はこんな感じ。

 

DDタープXLの他の張り方:Aテント型

DDタープ張り方

DDタープ張り方2

これは無計画にやったので張りが甘くなってしまいました。

もっとキレイにできたら写真差し替えます。

 

DDタープXLの他の張り方:屋根型

ddタープ張り方

ddタープ張り方図

雨が降りそうだったので屋根型に。

屋根部分に若干の傾斜があるので雨が後ろに流れていくかなと。

後ろからの視線をカットしつつ目の前と横は開けているという感じです。

 

DDタープは“設営欲”を満たしてくれる面白いアイテム

DDタープはこの他にももちろんタープっぽくも張れますし、やりようではワンポールテントっぽくもできるようです。

形を作ってそこで過ごす、っていうのがすごく楽しい。設営欲ってあるよなあと思いながら張っていました。

ただ、設営中は試行錯誤の一人遊びって感じなので、他の人が一緒だと何してるんだろう、と思われること間違い無しなので一人の時がいいですね。

 

DDタープ買うならこちらもオススメ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリリンク


このカテゴリの最近の投稿

現在の人気記事

アルペンアウトドアーズ

アルペンアウトドアーズ春日井がすごい!キャンプ用品の品揃えがすごい!

Amazon、楽天で買ってよかったキャンプ道具!

キャンパーズコレクション ドームテント

キャンパーズコレクション プロモキャノピーテント5はコスパ良し

ペグとトライポッドで即席魚焼き

枝トライポッドとペグで即席魚焼き

吊り下げ式焚き火台

つり下げ式焚き火台を自作してみた