トンネル2ルーム

★★★★☆

コールマントンネル2ルームハウスLDX(amazon限定カラー)が最高だった

コールマンのトンネル2ルームハウスDX(amazon限定カラー)を購入しました。

よくこのブログを読んでくださっている方は気づくかもしれませんが、トンネルテントはEUコールマンのcoastline6をすでに持っていたのです。

コールマン コーストライン6
先日シェルターについての記事を書きました。 快適なリビングが欲しい、できるだけ簡単に立てられるものを・・・と思って検索する日々。 トンネル型がいいのでは・・!とヤフオク

かなり気に入っていたのですが、グラスファイバー製のポールが割れる割れる。トンネル型のポールへの負荷に耐えられ無いのです。なぜグラスファイバーのポールでいいことにしたんだ?

割れた部分を自分で他のものと変えてみたりしたんですがそれも割れてしまったのでついカッとなって日本のコールマンのトンネルテントを買ってしまったわけです。

 

コールマン トンネル2ルームハウスDXレビュー

収納時

トンネル2ルームハウス

収納状態はこんなかんじ。かなりずっしりです。16kgあります。

中にはテント・インナーテント・ペグ・プラスチック製のペグハンマー・ガイロープ・説明書が入っています。

収納袋が余裕のあるサイズなので、一度出してもちゃんとしまえます。coastlineは外袋がギリギリのサイズで作られているのか、一度出したら入らなくなってしまったのです。

 

トンネル2ルームハウスLDXを展開

トンネル2ルーム

広げるとかなりでかいですね。

amazon限定の緑カラーがナイスです。かなりいい色合い。

coastlineとの最大の違いはcoastlineがフロア付きなのに対してトンネル2ルームはフロアレスなことです。

一長一短あるのでどちらがいいとは今のところ言えませんが、coastlineのフロアは傷つきやすかったのでその心配がないのはちょっといいですね。

 

トンネル2ルームハウスLDXのポールはあのDAC製アルミポール!

トンネル2ルームポールDAC

なんとポールはDACのアルミポールでした。

DACといえば超一流ポールメーカー。DACのポール欲しいと思っていましたが意外なところで出会いました。

これは嬉しい。

韓国DAC社
あのヘリノックスも韓国DAC社 DACという会社を知らない人も、ヘリノックスは知ってますよね。 軽量で丈夫なチェア、コットで有名なヘリノックスです。それを作っている

 

トンネル2ルーム

ポールは軽く、最初から曲がっており曲線になりやすいようになっています。

アルミポールなので割れる心配がなくて安心です。

しかもスリーブに通しやすい!coastlineのポールはスリーブに通りにくく、毎回結構苦労していました。

トンネル2ルームは全く苦労せずにポールをスリーブにスルスル〜っと通すことができます。これ地味にすごい。

トンネル2ルームハウスLDXのポール先端

先端の形状が工夫されていて、勝手に抜けちゃうということがないです。これも地味にうれしいポイント。

 

ポールは同じ長さのものが3本、少し短いものが1本(一番後ろ用)、小さいのが1本(ひさし用)あります。

間違えやすい一番後ろのちょっと短いポールは色分けされていてわかりやすくなっています。

 

設営してみました

トンネル2ルーム

トンネル2ルーム

このひさしと横の布の感じがどうしても農家ののおばちゃんがかぶってる帽子に見えてしまうのが唯一の欠点 笑

ふと、このひさしはなんのために・・?という疑問が浮かびました。

雨が降っていてもひさしがあることによって正面をメッシュにしても雨が入ってこないためだ!と思い当たりました。快適さのためならオーライです。考えられているんですね。

このトンネル2ルームはスカートが付いています。

トンネル2ルームスカート

スカートをとめることによって寒い時期でも風を防げるというわけです。ただ、ここで注意しなければいけないのは一番後ろのインナーテント用スペースだけスカートがないのです。これは冬には辛い仕様ですね。コールマンのアテナ2ルームというシリーズはその部分もスカートがあるようです。

実際やってみたらまた追記しますね。

トンネル2ルームハウスLDXは通気性がいい!

テントの前はクローズもできるし
トンネル2ルームハウスクローズ
メッシュにもできます。
トンネル2ルーム正面メッシュ
さらには開け放つことも可能。
トンネル2ルームハウスLDX正面オープン
タープ的に使う時には開けておいたり、虫が気になるようならメッシュに、など使い方を段階的に調整できるのがいいですね。
後ろはメッシュがありませんが、前と後ろを開けておくと空気がスーッと通って行って気持ちがいいです。
トンネル2ルームハウス

後部の上の方にはベンチレーターがあります。上に溜まった空気を外に出すのに役立ちます。

トンネル型は上に暑い空気がたまりやすいのでうれしいですね。

トンネル2ルーム ベンチレーター
サイドは左右それぞれ2つの窓があります。
トンネル2ルームサイド窓
ここは両方メッシュにできます。
トンネル2ルームサイドの窓メッシュ
さらには奥側の窓は完全オープンも可能。
トンネル2ルームサイド窓オープン
サイドが完全に開くのは通気という意味でも必要ですし、荷物を運び込みやすいというメリットもありますね。
完全にフルでオープンにしていると風が通り抜けていきます。暑さが中でとどまらないのはcoastlineとの大きな違いですね。
先ほどインナーテントの場所にはスカートがないというように書きましたが、風の通りという意味ではスカートは無いほうがいいんですよね。下から入った空気が上に抜けていく感じがありました。

インナーテントも通気性良し

インナーテントは吊り下げるだけの簡単設営です。
トンネル2ルームインナー
正面に出入り口があります。クローズもメッシュにもなります。
トンネル2ルームインナー奥
奥側も同じくクローズもメッシュにも。
トンネル2ルームインナー上部
インナーの左右上部には外のベンチレーターに繋がるメッシュがあります。
インナーの空気を外に抜いてくれるんですね。寒い時には閉めることもできます。
トンネル2ルーム下部ベンチレーター
そしてさらに左右下部にもメッシュ窓。開けると下から空気を入れてくれるので、上部のメッシュと合わせて開けておくと空気を循環させてくれます。

トンネル2ルームハウスとcoastlineの違い

  • フロアがある(coastline)フロアがない(トンネル2ルーム)
  • ビニール窓がある(coastline)メッシュになる窓がある(トンネル2ルーム)
  • 空気の通りがわるい(coastline)空気の通りがいい(トンネル2ルーム)
  • ポールがへぼい(coastline)ポールがしっかりしてる(トンネル2ルーム)
  • ポールがスリーブに通しづらい(coastline)ポールがスリーブに通しやすい(トンネル2ルーム)
  • 一度出すと収納袋に収納できない(coastline)収納袋に収納できる(トンネル2ルーム)
  • 秋冬向け(coastline)4シーズン使える(トンネル2ルーム)
  • 壊れた時にサポートがない(coastline)サポートがある(トンネル2ルーム)

 

トンネル2ルームハウスは使い勝手かなり良し!

気が利いている部分が多く、総合していろいろな場面で長く使えるいいテントだと思います。

トンネル2ルームハウス
こんな感じで使ってみました。
ちなみにこの時の設営は1人でしたが、このデカイテントを苦労することなく設営できました。
お隣のサイトの老夫婦が今のテントはこんなんなのね、と驚いていました。

また使っていってレビュー追加していきますね。

 

追記:唯一しかし大きな欠点、インナーテントの設計

トンネル2ルームハウス欠点

インナーテントの仕様に問題があることがわかってきました。

インナーは吊り下げ式で、トンネルはアーチ状の構造になるのでどうしても頂点に負荷がかかるようになってしまっています。

そこが引っ張られすぎてしまうんです。ファスナーも頂点部分が上に引っ張られて歪んでしまうので開け閉めしづらく、ファスナーを引っ張る時にも負荷が発生。そのためちょっとした破れが発生!これは心にズーンときました。

補強およびゴム紐の長さ調整が必要そうです・・・

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリリンク


このカテゴリの最近の投稿

現在の人気記事

アルペンアウトドアーズ

アルペンアウトドアーズ春日井がすごい!キャンプ用品の品揃えがすごい!

Amazon、楽天で買ってよかったキャンプ道具!

キャンパーズコレクション ドームテント

キャンパーズコレクション プロモキャノピーテント5はコスパ良し

ペグとトライポッドで即席魚焼き

枝トライポッドとペグで即席魚焼き

吊り下げ式焚き火台

つり下げ式焚き火台を自作してみた