★★★★★

マグネシウムファイヤースターターで火遊びをレベルアップ

皆さん火、好きですよね?

できればライターなんかじゃなく、ちょっと苦労して楽しみながら火をつけて楽しみたいですよね?

ということでファイアスターター買いました。ちょっと、デザイン格好良すぎませんか?超クール!

 

ファイアスターターの使い方

①棒を削って粉を落とす

まず、棒をごりごりと削り、粉をティッシュ等燃えやすい物におとしておきます。

棒はマグネシウムです。

ファイアスターター2

 

②火花を出す

そして、素早く棒をこすると火花がでます!(火花が出ているところを撮れなくてすみません)

その火花が先ほどの粉におちると、バチバチっと火花が広がります。

ファイアスターター3

 

③着火!

ファイアスターター4

その後、火を安定させていきます。

 

面白ーい!

慣れないうちは粉を多めにおとしておくと良さげです。

 

火のつけ方について

火をつけるには

  • 火口(ほくち)と言われる着火材
  • 火を広げるための細い木
  • 火を安定させる太い薪

が必要です。先ほどの説明では火口にティッシュを使いましたが火口としては杉の葉や木を薄くナイフで削ったもの(フェザースティック)、麻紐をほどいたものなどが使われます。

個人的にはティッシュ>麻紐をほどいたもの>その他という感じで火がつきやすい気がします。ティッシュだとマグネシウムの粉を落とさずにいてくれますしね。初心者的にはティッシュからレベルアップしていくのがいいんじゃないかと思います。風情に欠けますが。

 

火をつけた後の焚き火のやり方について別記事で書きましたのでよかったらご覧ください。

焚き火チェックリストイメージ
焚き火をする上で気をつける点などをリストにしてみました。 特に火事には気をつけすぎるくらい気をつけるべきなんだと思います。 火は小さいうちはいいですが、気を抜くとすぐに

 

 

マグネシウムファイヤースターターのいいところ

  • デザインが超クール。
  • なのにお値段はリーズナブル
  • 楽しい!

 

まあ、チャッカマンでいいじゃんという話でもありますが、楽しいのが一番!

ただ、手軽に火をつけたい時には全然使わないので、あくまで「火をつける」という楽しみのためのおもちゃって感じです。

 

試してないですが、濡れててもいいということで、いざというときのサバイバルの備えとしてもいいんじゃないでしょうか!

 

ちなみに、写真にうつってる小さなたき火大は雑誌の付録です。

ほとんど何も入らないですがちょっとした火遊びに楽しい!

タグ

カテゴリリンク


このカテゴリの最近の投稿

現在の人気記事

アルペンアウトドアーズ

アルペンアウトドアーズ春日井がすごい!キャンプ用品の品揃えがすごい!

Amazon、楽天で買ってよかったキャンプ道具!

キャンパーズコレクション ドームテント

キャンパーズコレクション プロモキャノピーテント5はコスパ良し

ペグとトライポッドで即席魚焼き

枝トライポッドとペグで即席魚焼き

吊り下げ式焚き火台

つり下げ式焚き火台を自作してみた