クイックキャンプ レジャーシート

★★★★☆

QUICKCAMPの厚手レジャーシートを買って使ってみた

ゴツゴツした場所対応のレジャーシートを購入

川遊びに行くことが多く、河原のゴツゴツした地面対応のレジャーシートが欲しくて検索したところクイックキャンプさんからレジャーシートが新発売になるという情報をゲトりまして。

えいやっと購入しました!

 

クイックキャンプのレジャーシート基本情報

  • 使用時サイズ : 全長200cm×幅200cm

  • 収納サイズ : 長さ50cm×Φ15cm

  • 構造部材 : ポリエステルタフタ、ポリプロピレンコットン、オックスフォード

  • 重量 : 1.65kg

https://quickcamp.jp/allitems/other-goods/qc-ls200/より引用

 

テント内でも使える大判サイズなのも購入を決めたポイント。

重量が1.6kgとなかなかあるのと、収納サイズも結構大きいので車移動のファミリー向けのものですね。

 

クイックキャンプのレジャーシート使用レビュー

クイックキャンプ レジャーシート収納

丸めてバンドで留めるようになっています。

この写真は一度広げてから再度丸めてみた時のものになります。最初からこんなにくしゃっとして入っているわけではありません。

 

クイックキャンプ レジャーシート

広げるとこんなかんじです。

素材の質感としては、引越しの時に養生するマットを彷彿とさせる感じ。

熱圧着のキルティング使用で軽いクッション性があり、ゴロゴロしたくなります。したくなりますというかしました。ゴロゴロに最適。

実際に河原の石が転がっているゴツゴツした地面でも使いましたが、座った時の不快感が軽減されて相当いい感じでした。

 

クイックキャンプ レジャーシート四隅

四隅にはハトメ×2とスナップボタンが付いています。

ハトメはペグダウン用、スナップボタンは立ち上げるために付いています。

 

クイックキャンプ レジャーシート立ち上げ

スナップボタンを留めることで四辺が軽く立ち上がります。

 

クイックキャンプ レジャーシート

こんな感じですね。砂などが入りにくくなるというわけです。

 

クイックキャンプ レジャーシート立ち上がり弱いところ

ただ、サイズのせいか立ち上がりが若干弱いところがあります。

ペグをしっかり留めることで改善することはできましたが、90度の壁ができるイメージでいるとあれ?ってなるかもしれません。

 

クイックキャンプ レジャーシート 撥水

撥水処理してあり、水を弾いてくれます。

手洗い可能ということが商品ページに書いてありましたが洗うと撥水能力が落ちないかがちょっと心配ですね。

 

180日の保証付

クイックキャンプはこれがすごいと思うのですが、180日の保証が付いています。

製品の欠陥が理由であれば保証がきくというのは安心して買い物ができていいですよね。(ユーザー側の落ち度では保証が効きません)

 

クッション性がある大型シートを探していたらこれがオススメ

クッション性がある大型のレジャーシート、結構探したんですがデザインのいいものがマジで無いんですよね。

このシートは緑と黒の色合いが良く、満足です。

 

楽天で買うと送料が他より安いので楽天で購入しました。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

焚火料理に特化した焚火台を発売中!



X字のダブル五徳で焚火料理が楽しめる焚火台「焚火コンロXX」発売中です。

カテゴリリンク


このカテゴリの最近の投稿

現在の人気記事

アルペンアウトドアーズ

アルペンアウトドアーズ春日井がすごい!キャンプ用品の品揃えがすごい!

Amazon、楽天で買ってよかったキャンプ道具!

キャンパーズコレクション ドームテント

キャンパーズコレクション プロモキャノピーテント5はコスパ良し

DDタープ張り方

DDタープ超楽しい!XLの張り方集

日影沢キャンプ場キャンプサイト

東京高尾の無料キャンプ場「日影沢キャンプ場」がとてもよかった